お金の話ができるパートナーがいるといいかも

なまじお金があるだけに使いすぎて破産したり実は借金だらけになってしまったという人も多くいます。芸能人とかでも多いですよね。お金があるし、使ってしまわないと税金が大変だからって豪遊したりお店をオープンしたり。でもそれで失敗してお金に困っているなんてことを聞くのは珍しい話ではありません。

アメリカ大統領選挙で戦っているトランプ氏は不動産王として知られてしますが、過去には4回も破産経験があるといいます。はじめての破産は離婚するときの慰謝料で日本円には990億円にもなるとか…。まったくもって意味がわからない金額です。

それでもまた破産を繰り返すほど稼ぐこともできているんですからすごいですよね。発言は過激だし過去もすごそうですが大統領選挙を闘うまでになっているんですから、やはり何か実力もあるということでしょう。普通、破産したら人生終わりだまで考えたくもなりますが…。

レディー・ガガも借金があるということで話題になりました。というかこの人は完全なる浪費家の典型例ですね。あれだけ稼いでいるのに破産するほど使うっていうんですから、どんな使い方をすればそうなるのか逆に教えてもらいたいくらいです。

o0368030211261711689

時分でこうして強い意思で復活できる人はいいですが、そうでない人はきっちりしたパートナーがいるといいですね。自分でしっかり管理できない人は、きちっとしているパートナーがいるっていうのはかなり心強いものですね。

手助けしてくれたり理解してくれるパートナーがいたり、怒ってくれるパートナーがいたら破産もないかもしれないし、そうなったとしても強く生きなおそうと思えそうです。だからこそ、全て包み隠さずとまではいかなくてもお金の話はきちんとできる同士であったら一番いい関係を築けそうです。

ひとりで抱えても辛いだけですから、お金の話はできる人がいることが一番ですね。私もそういう人がいればいいなと思います。