損害額がどんでもない

先日、高畑裕太容疑者が逮捕されたことによって、バラエティ番組の差し替えやドラマの打ち切り、収録しなおし、映画のキャスト変更などなど…とにかくあらゆる方面で影響がでました。

24時間テレビだけでも1000万円ほどの損害額になるといいます。全てを合わせたら事務所はかなりの痛手になるのではないでしょうか。全てを事務所がもつのか、高畑裕太容疑者が出すことにもなるのか、詳しくないのでわかりませんが、どちらにせよ大変な金額が誰かが被ることになるのでしょうね。テレビ局や映画製作側としては損害額をなぁなぁにするとは思えませんから。

テレビで見ない日はないというぐらいになっていましたので影響は計り知れなかったでしょう。お母様の仕事にまで影響がでてしまっているのがつらいところです。

 

芸能人、芸能界というところでの話は金額が大きいですが、一般人だって事故等をおこしてしまえばやはりお金の問題がでてきてしまいます。

以前、車を人の車にぶつけてしまった時に、保険を使って修理費を払うこともできましたが、相手の修理費は5万円ほど。それを保険を使って払うと、その後に保険料がとんでもなく高くなってしまうのでやめたほうがいいと言われました。私はその時、いろいろとお金のない時期だったので5万円も払うのはきつい状態でしたが、渋るわけにもいないし今後の保険料があがって辛くなるのも嫌で、お金をキャッシングして被害者の方にお支払いしました。

車をぶつけた私が悪いにきまっているのですから、修理費を支払うのは当たり前のことではありますがやはり出費はかなり痛かったです。もっと気をつけて安全に運転していればおこらなかったこですから、酷く反省しました。

相手がいる場合だけじゃなくて、何かをうっかり壊してしまった時の修理費とかだってあるかもしれませんしね。

犯罪や事故といったものは経歴に傷がつくだけでなく、お金もかかるんだということを思えばもっと気を引き締めていけると思います。

高畑裕太_-_Google_検索